no-image

ヴェポライザーに合うシャグ(葉たばこ)ランキング

ヴェポライザーはシャグと呼ばれる葉たばこを加熱することで使用します。

一般的なタバコ(紙巻き)であれば火をつけますし、IQOSやglo・PloomSなどの加熱式はスティック状に詰められたタバコ葉を加熱することで蒸気を発生させます。

シャグ(葉たばこ)は本来は手巻き用のタバコ葉そのものが単体で売られており、専用ペーパーで巻いて火をつけて使用します。

そのため、シャグをヴェポライザーで使用するのは本来の使い方ではなく、シャグの製造元はタバコ葉のブレンド比率や着香をしていますが、本来は火をつけて使用することを前提に調香しているはずです。

要はヴェポライザーに合うシャグと合わないシャグというのが存在します。そのうえでシャグ選びには、かなり個人の好みが出ます。当然といえば当然なのですが、紙巻きであっても人からもらいタバコすると吸えない種類を経験したことは誰にでもあると思います。

シャグ選びのコツ

美味いと定評のあるシャグであっても、個人的に合わないシャグを買ってしまう事はヴェポライザー愛好者あるあるですし、使用しているヴェポライザーの機種によっても合う合わないが発生します。

ある程度好みや使用機種が固まってくると、好みが近い人のオススメを参考にすると外しにくくなります。

また、元々のタバコの好みがメンソール系の人であればメンソールシャグ、着香系が好みだった人であれば着香系に好みが見つかりやすいと思います。
そこでまずはジャンル別のオススメをまとめてみたいと思います。

おすすめのメンソール系シャグ

チェ:緑/黒

チェゲバラのパッケージが特徴の「チェ」は、緑と黒がメンソールフレーバーのシャグです。
緑は、やや強めのメンソールにタバコ葉の酸味と甘味を感じるシャグです。黒はそのフレーバーに少し燻したフレーバーを足した吸いごたえが特徴のシャグです。

コルツクリアメンソール

チェのメンソールにメンソール感を更に加えたい人に最適なシャグです。

ちなみにメンソール感をただ強くしたシャグではケミカル感の強いシャグもあったりします。(スタンレーのアイスミントなど)

メンソールの強さと味わいのバランスが整っているシャグとしてコルツクリアメンソールはとにかく強めのメンソールを探している人に最適なシャグです。

おすすめの非着香系シャグ

個人的には非着香系シャグはあまり得意ではないのですが、吸いやすさ重視のシャグ一覧です。

チェ:赤

酸味と甘みを感じるチェ・シャグの赤はマイルドな吸いごたえが特徴的です。

バリシャグ赤

チェの赤よりもキック感が特徴のバリシャグ赤。使用するヴェポライザーによっては私は少しむせることもありますが、チェよりも強めの吸いごたえを望む人に最適なシャグです。

おすすめの着香系シャグ

着香系のシャグは好みの差がかなり出ると思います。

紙巻きであっても、チェリー系のフレーバーを楽しめる人と苦手な人がいます。紙巻きであれば、どちらかと言うと苦手な人の方が多いのではないでしょうか。

かく言う私も着香系の紙巻きはどれも苦手でした。ですがヴェポライザーであればシャグを選べば楽しめる物があります。

コルツ ライチ

タバコなのにライチ?と思われるかもしれません。ですがコルツライチに関してはシャグ特有の酸味とやさしい甘味が相まってライチ感を演出しています。使用ヴェポライザーはFENIXやSOLO2など喫味がクリアに出やすい機種を使ったほうがコルツライチを楽しみやすいです。

ちなみに焦げ感が出やすい機種などは、雑味が混ざってしまうためコルツライチとの相性が微妙です。

コルツ グリーンティー

コルツグリーンティーは緑色のパッケージで緑茶を思い浮かべますが、どちらかと言うと砂糖を少し足した紅茶のような味わいです。

タバコ屋さんでも売れ行き上位のシャグで、着香系の中でも優しいフレーバーなので最初のうちに試しやすい着香系のシャグです。

コルツ バニラ

私はバニラ系のフレーバーがそこまで得意ではないのですが、VAPEなどでも定番のフレーバーです。シャグでもバニラ系はある程度ラインナップがありまうが、コルツバニラはバニラ感がやや軽めで扱いやすいバニラ系の着香シャグの1つです。

キールロワイヤル

キールロワイヤルはカクテル名に由来しており、シャンパンとカシスリキュールのカクテルです。カシスの優しい優しい酸味と甘味、そこにシャンパンの酸味が特徴的なカクテルですが、ヴェポライザーで使用するキールロワイヤルは、ブルーベリーガムのようなフレーバーが印象としては近いです。

使用するヴェポライザーも喫味がクリア目にでやすい機種と相性がいいです。

シャグはどこで買う?

一般的な紙巻きであればコンビニや自販機(要タスポ)でも購入可能ですが、シャグは売られているお店が限られています。

代表的なシャグを売っているお店は以下の通り!

  1. 街のタバコ屋さん
  2. コンビニ(少ない)
  3. ドン・キホーテ
  4. ネット通販(身分証の提出が必要)

街のタバコ屋さんで比較的大き目の店舗であればシャグを置いていることが多いです。パイプ用の刻みタバコ葉や葉巻などを置いているお店であれば高確率でシャグを置いています。

コンビニでも元々がタバコ屋さんだった店舗などではシャグを置いていることがあります。

ドン・キホーテもタバコのとりあつかいがある店舗であればシャグを置いています。

最後は全国どこからでも注文できるという点でネット通販も活用できます。ただ、初回購入時に身分証の提出が必要です(お国からの指示なので身分証の提出が不要のネット通販店はありません)。

また、送料を代金内に含むことができません(こちらもお国のお達しなので全国共通)。通販でよくある5000円以上購入で送料無料という売り方ができません。そのため、店舗で直接購入する金額にプラスで送料が必ずかかるため、割高になってしまいます。

店舗によっては1回の注文でネコポスに入れられる分量の記載があり、まとめ買いすれば送料を節約することが可能です。